大型バイク ハーレーの魅力とは

ハーレー ラボラトリー

ハーレーの足つき性を改善

足つきを良くして安定を得る

バイクを知らない人でも誰もが一度は聞いたことのあるアメリカの大型バイクメーカーがハーレーです。ハーレーに乗りたいと思っても、身長が低いことから自分にあわないのではないか、乗れるかどうか不安だと思っている人は多いでしょう。アメリカ人が乗るような大型バイクでは、サイズ的に合わないと思っている人が多くみられます。その中での一番の不安が、足が地面に届かないということです。片足がつけば大丈夫だという声も聞くけれども、ハーレーは車体が重いので支えられるかどうか心配にもなります。

身長160センチ程度であれば、シート高が低いモデルを選ぶことで両足がつくので、どうにか乗りこなすことができるかもしれません。しかし両足はついたもののしっくりとこないと感じる可能性もあります。純正シートの幅が広く、足がやや開き気味になる感じがしたり、座った位置が後ろにずれるとハンドルが遠くもなります。

このようなときにはカスタムすることにより、この不安を解消することもできます。その一つが細身で薄めのシートに交換するということです。シートを細身で薄いものに変えることで、足つき性が良くなるだけではなく、着座位置が低くなって、いわゆるロータイプでかっこよく乗りこなすことができます。しかしメリットがあるものの、さまざまな注意点も頭に入れておかなければなりません。シートが薄くなってクッション性が悪くなることもあり、長距離のツーリングの際にはつらくなる可能性もあります。薄さだけではなく足をつく際にシートにあたる前方の部分の横幅にも注意が必要です。比較的小柄の人の場合には足つき性だけではなく、ハンドルとの距離も改善したいケースが多いですが、この場合にはリデュースリーチタイプのシートに交換することで、シートが低くなるだけではなく着座位置が前方に移動するので、ハンドルも近くなります。